心理オタクのテニス奮闘記

ものごとを追求する心理オタクが、テニスにはまっての気づきを発信!関連動画も時々、はりつけています!^^

プロダクト・アウトなのか、マーケット・インなのか?

テニスで学ぶ人生シリーズです!

今年は、もうちょっとお仕事に力を入れようかと思って、
いろいろとがんばっていますが、
仕事での自分のちょっと足らないところには、
前から気づいていました。

「私はプロダクト・アウトはできるけど、
マーケット・インができない」
ということです。

それって、マーケティング用語ですが、
私はいろいろと思いつくことができ、
いろんな創作物を作ることができるのですが、
(プロダクト・イン)
市場のニーズをくみ取って、それに合わせる形にすることが、
(マーケット・イン)
ちょっと苦手なのです。

仕事面で、そんなところがあることには、
前々から気づいていたのですが、
昨日、テニスをしていて、
ふと思いました!

「ぎゃー!それは、テニスでも同じやん!」
ということです。

テニスでいう「プロダクト・アウト」とは、
ショットのアイディアや、ショットの質
「マーケット・イン」とは、
相手や状況を見て、その場面にふさわしいことをしていくこと
(俗にいう戦略)

テニスも仕事も、
「やりたい!」が大事!

でも、「やりたい!」だけでは、
結果が出ないんですよね~~。

仕事では、
ポンポンと、アイデイアだけ出していても、
結局、形にならないし、
テニスでは、
好きなときに、好きなことをしていては、
勝てない。

仕事で、大事な「マーケット・イン」とは、
その優れたアイディアや才能を、
市場が求める形にすること。

テニスで、大事な「マーケット・イン」とは、
相手を観察して、
相手のいやなことをし、
相手のショットにどう対応していくか、
を考えていくこと!

かといって、
私の場合は、
マーケット・インから始めると、
私のよさが消えて、ぐちゃぐちゃになる!
(過去の痛みがよみがえる~~。笑)

かといって、
プロダクト・アウトだと、
ミスのお山を築く!
(また、過去の痛みが~~。笑)

つまり、
私の場合は、
マーケット・インは考慮に入れながら、
プロダクト・アウトから始める必要があるということです。

プロダクト・アウトと、マーケット・インのバランスは、
人それぞれで、
そのバランスを上手に取っていく必要がある
と感じました。

さて、みなさんは、どっち??

どっちかというと、プロダクト・アウト型??
マーケット・イン型??

自分を知って、
それを活かしながらも、
その反対の要素もうまく取り入れると、
なんか、いいかも~~と思いました!!

では、また気づいたことを書いていきますね~~!

では、では~~♩

 

人気ブログランキングに登録しました!!

少しでも、参考になったところがあれば、
ワンクリックしていただけると嬉しいです!
みんなで、テニスの輪を広げましょう! 
  ↓


テニスランキング

今、どんなテニスブログが人気なのかな??